杉立宏子先生の酢てきなクッキング

バスケットびな

材料(4人分)

・寿司飯400g(出来上がり)

・うずら卵8個

・絹さや8枚

・卵2個

・紅しょうが少々

・食紅、食青 少々

【寿司飯】

・米3カップ

・水3カップ

・べんりで酢130ml

作り方

1.寿司飯を作ります。炊き上がったご飯にべんりで酢を回しかけ、切るようにして合わせ、ぬれ布巾をかけて冷めるまでおきます。
2.うずら卵は固ゆで(水からうずら卵を入れて沸騰したら中火にして5分茹で水に取り出して冷まします)にして皮をむき、2色に色づけして、底をすわりよく切り、とがった先をV字形に切り取り、V字形の部分をおきかえて、ひな玉子を作ります。
3.絹さやは色よく茹でて冷水にとり水分をきって、半分に切ります。
4.卵は塩ひとつまみ加えてよく溶いて薄焼き玉子を作り、4~5㎝長さのせん切りにします。(錦糸玉子)
5.アルミホイルで器を作り、寿司飯を入れて3の錦糸玉子を敷きつめて、1のひな玉子を飾り、2の絹さやを添えて紅しょうがを散らし、アルミホイルで柄を作り、差し込んでバスケットにします。

【使用商品】べんりで酢

【料理方法】まぜる

【ジャンル】主食

【主材料】ごはん

【イベント】ひな祭

【季  節】春

一言コメント

・色粉を溶くときは、粉を器にとり、水を1滴落としてよく混ぜたあと、水を少しずつ入れて
溶き、のばしていきます。