このエントリーをはてなブックマークに追加

杉立宏子先生の酢てきなクッキング 杉立宏子先生の酢てきなクッキング Recipe

長芋焼き

材料(4人分)

長芋・・・400g
削りかつお・・・適量
白ねぎ・・・1本(80g)
オリーブ油・・・大さじ1
但馬牛焼肉・ステーキ醤油・・・大さじ2

作り方

  1. 長芋はきれいに洗って、皮付きのまま1.5㎝厚さの輪切り、白ねぎは4㎝長さに切ります。
  2. フライパンにオリーブ油をひき、1を入れて美味しそうな焼き色がついたら取り出し、器に盛り付けて削りかつおをふりかけ但馬牛焼肉・ステーキ醤油をかけていただきます。

【使用商品】但馬牛焼肉・ステ-キ醤油

【料理方法】炊く

【ジャンル】副菜

【主材料】野菜

【イベント】

【季  節】冬

作り方

  1. 長芋はきれいに洗って、皮付きのまま1.5㎝厚さの輪切り、白ねぎは4㎝長さに切ります。
  2. フライパンにオリーブ油をひき、1を入れて美味しそうな焼き色がついたら取り出し、器に盛り付けて削りかつおをふりかけ但馬牛焼肉・ステーキ醤油をかけていただきます。

【使用商品】但馬牛焼肉・ステ-キ醤油

【料理方法】炊く

【ジャンル】副菜

【主材料】野菜

【イベント】

【季  節】冬

一言コメント

長芋を使った簡単レシピをご紹介♪

 

長芋は短冊にしてお醤油をかけたり、すりおろしてとろろにして食べるイメージが強いですが、それ以外にも長芋はさまざまな方法で楽しむことができます。

 

そんな長芋ですが今回ご紹介する長芋レシピは、「炒める」レシピです。サクッとした長芋特有の食感が楽めるレシピとなっています。作り方もとっても簡単なので、忙しいお母さんにもおすすめです。また、今回のレシピには長芋に加えてネギを使っています。

 

長芋だけでなく、その他の食材を組み合わせることで様々な食感が楽しめます。飽きもこず最後まで楽しんでいただけるレシピとなっていますのでぜひお試しくださいませ。

 

 

また、長芋は火の入れ方によって食感を調整できる食材です。

好みに合わせて調理時間を変えてみてくださいね♪火の入れ方によってサクサクからコリコリ、ホクホクと、食感が変わっていきますのでその違いも楽しんでみてくださいね♪

トキワおすすめの長芋レシピ、ぜひお試しくださいませ♪

 

 

長芋は見た目以上にすごい食材!

 

実は長芋は栄養価が高い食品であることをご存知でしょうか。
 

長芋は炭水化物の割合が多い食品ですが、そ他にも亜鉛・カリウム・鉄などのミネラル成分が豊富な食品です。また女性に嬉しいビタミンB群・ビタミンCなども含まれているので、人気の高い食材です。

 

そんな人気の食材「長芋」の栄養的特徴についてもう少しご紹介させていただきます。

 
 

ぬめり成分

 

長芋の特徴といえば、ぬめり(ねばり)ですね。

 

この長芋のぬめり成分は、胃腸の粘膜の保護する働きがあります。そのため、胃腸の機能をサポートしたり、たんぱく質の消化と吸収を促進する働きがあります。

嬉しい働きがある長芋の「ぬめり」ですが、実は熱に弱く、水に溶けやすい性質があります。
 
 
今回のレシピでは、長芋を炒める工程が入っていますので、もし長芋の「ぬめり」が持つ栄養効果を期待して食べるのであれば、他のレシピがおすすめです。
 
 
 

食材の特徴を知って効率よく

 
日頃食べている食品から得られる栄養素は、長芋のように調理方法によって変化します。
 
私たちは、食べることでさまざまな栄養素を日々摂取していますが、できることなら効率よく摂取したいものですよね。
今回は、長芋の特徴についてご紹介させていただきましたが、その他の食材についても機会をみつけてご紹介させていただきます。
 
 
 
 

杉立先生の紹介

土井勝料理学校入社。1987年(昭和62年)より土井勝校長の専属助手として、料理番組や料理本の出版にもかかわる。1989年(平成元年)、教授に昇格。さらに土井勝校長と共に日本全国及び海外の料理取材と講演会に奮闘し、1995年(平成7年)、料理研究家として独立。現在、料理講習会、料理コンテストの審査員、企業コンサルタント、料理本の出版など幅広く活躍中。