このエントリーをはてなブックマークに追加

トキワのキッチン トキワのキッチン Recipe

たけのことわかめのかき揚げ

たけのことわかめのかき揚げ

材料(2人分)

たけのこ(水煮)・・・100g
生わかめ(塩抜きしたもの)・・・20g
なんでもごたれ・・・小さじ2
小麦粉・・・大さじ1
・片栗粉・・・大さじ1/2
・卵・・・1/2個分
・冷水・・・大さじ2
・揚げ油・・・適量

作り方

1 .たけのこは5㎜程度の厚さの薄切りにし、生わかめは適当な大きさにに切り、なんでもごたれと混ぜて10分程度おきます。
2 .ボウルに卵を溶き冷水と合わせ、小麦粉、片栗粉を加えて軽く混ぜ、さらに①を加えて混ぜ合わせます。
3 .揚げ油を180度程度に熱し、②を適量ずつ落としながらカラッと揚げます。

【使用商品】なんでもごたれ

【料理方法】揚げる

【ジャンル】主食

【主材料】

【イベント】

【季  節】春

作り方

1 .たけのこは5㎜程度の厚さの薄切りにし、生わかめは適当な大きさにに切り、なんでもごたれと混ぜて10分程度おきます。
2 .ボウルに卵を溶き冷水と合わせ、小麦粉、片栗粉を加えて軽く混ぜ、さらに①を加えて混ぜ合わせます。
3 .揚げ油を180度程度に熱し、②を適量ずつ落としながらカラッと揚げます。

【使用商品】なんでもごたれ

【料理方法】揚げる

【ジャンル】主食

【主材料】

【イベント】

【季  節】春

一言コメント

 

たけのこを使った簡単かき揚げレシピをご紹介♪

 

たけのこは、今では年中食べることのできる食材ですが春のたけのこは格別です。シャキッとした歯ごたえとたけの香りを楽しむのであれば、旬を迎える春のたけのこがおすすめです。

今回の「たけのこのかき揚げ」では、水煮のたけのこを使用していますが皮付きのたけのこが手に入った場合には、少し面倒かもしれませんが味・香りは別格です。ぜひお試しくださいませ。

 

もちろん水煮のたけのこを使ったかき揚げでもシャキッとした歯ごたえが際立ちますので、おいしくいただけます。

お家でつくるかき揚げは揚げたてをすぐに食べられるので、ベチャつかず、おいしい状態でいただけます。ボリュームも満点のかき揚げは成長盛りのお子様にも人気のレシピ。ぜひお試しくださいませ。

 

作ったかき揚げはご飯の上に乗せて丼にするのもよし。おつゆを作ってそのまま食べるのものよし。かき揚げ自体、様々な楽しみ方ができるので便利なレシピです。忙しいお母さんにもおすすめですよ。

 

 

かき揚げの名前の由来について

 

かき揚げは誰もが知っている有名なレシピですが、なぜ「かき揚げ」と呼ばれているのかご存知でしょうか。レシピの多くには、その意味を知らないまま呼んでいるものがたくさんあります。きっと「かき揚げ」もその1つに違いないでしょう。

 

今回は、かき揚げの語源についても見ていきたいと思います。

 

 

 

かき揚げは天ぷらと同じ?

 

レシピの内容を見るとお分かりになると思いますが、かき揚げは天ぷらと同じ工程で作ることができます。

ではなぜ、天ぷらとかき揚げは呼び方を分けているのでしょうか。

 

 

その理由は使う食材の加工方法の違いにあります。

 

 

天ぷらは、魚介類や野菜などを食べやすい大きさ、揚げやすい大きに切ったものを使いますが、かき揚げはある程の大きさを保ったまま使用します。また、かき揚げは複数の食材を合わせて衣でまとめて揚げます。

 

このように、同じ段階を含む2種類の揚げ物ですが、食材の調理方法や揚げ方によって、天ぷらそしてかき揚げと呼び分けられます。つまり、かき揚げという名前がついた背景には、この違いが関係していることになります。

 

実は、かき揚げという名前は調理過程の「複数の食材をかき混ぜて揚げる」という特徴からその呼び名がついたといわれています。

 

具材をかき混ぜた後に揚げる。から、かき揚げということです。

 

身近にあるレシピですが、意外と知らなかったということもありますよね。レシピ名には調理工程を表す言葉が使われていることがありますので、覚えておくと便利です。

 

ぜひいろいろ調べてみてください♪