杉立宏子先生の酢てきなクッキング

さんまのべんりで酢煮

材料(4~6人分)

・生さんま 4尾 ・土生姜 50g
・べんりで酢 1と1/2カップ ・水 1と1/2カップ
・しょうゆ 1/4カップ ・酒 1カップ

作り方

  1. さんまは頭を落として内蔵を抜き、薄い塩水(水5カップに塩大さじ1の割合)で洗います。この時、中骨に菜ばしを沿わせながらていねいに洗います。
    さんまの水気をふき取り、2cm長さの筒切りにします。
  2. 土生姜はきれいに洗って、皮付きのまません切りにします。
  3. 鍋に1のさんまを切り口が上に向くように並べて2の土生姜のせん切りを散らします。
  4. 3に分量のべんりで酢と水を注ぎ、強火にかけます。沸騰直前に火を弱めてアクと泡をていねいにすくいとり、落としぶたをして弱火で約40~50分、煮汁が少なくなるまで煮ます。
  5. 4に分量のしょうゆと酒を加えて落しぶたして、弱火で40~50分煮ます。
    煮汁が1/4量くらいになれば出来上がりです。
  6. 少し冷めてから盛り付けます。

【使用商品】べんりで酢

【料理方法】煮る

【ジャンル】主菜

【主材料】魚介類

【イベント】

【季  節】夏

一言コメント

  • さんまは鮮度が落ちやすいので、手早く水洗いします。
  • べんりで酢で時間をかけて煮ることにより骨まで食べられます。
  • 出来立てもおいしいですが、冷蔵庫で1週間くらい置くことができます。