このエントリーをはてなブックマークに追加

杉立宏子先生の酢てきなクッキング 杉立宏子先生の酢てきなクッキング Recipe

豆腐とわかめの味噌ドレッシングサラダ

材料(4人分)

・絹ごし豆腐 1丁 ・わかめ(生) 40g

・サラダ菜 8枚 ・赤玉ねぎ 1/2個

・ミニトマト 4個

[味噌ドレッシング]
・長芋 150g ・べんりで酢 大さじ2

・味噌 大さじ2

作り方

  1. わかめは沸騰した湯の中にくぐらせて、氷水に取り、冷めたら水分を切って、食べやすく切ります。
  2. 赤玉ねぎは薄くスライスして氷水につけてシャキッとしたらザルに取って水分を切っておきます。
  3. サラダ菜は一枚ずつはがして洗い、ミニトマトはくし型に4等分しておきます。
  4. 絹ごし豆腐は1㎝のさいの目に切ります。
  5. 味噌ドレッシングを作ります。長芋は厚めに皮をむき、ぬめりを洗って水分を切り、1㎝の輪切りにしてナイロン袋に入れます。すりこ木(なければビンを使って)でたたいてつぶします。味噌をボールに入れて、べんりで酢で溶きのばします。たたき長芋を入れてよく混ぜます。

【使用商品】べんりで酢

【料理方法】まぜる

【ジャンル】副菜

【主材料】豆・豆腐, 野菜

【イベント】

【季  節】春

作り方

  1. わかめは沸騰した湯の中にくぐらせて、氷水に取り、冷めたら水分を切って、食べやすく切ります。
  2. 赤玉ねぎは薄くスライスして氷水につけてシャキッとしたらザルに取って水分を切っておきます。
  3. サラダ菜は一枚ずつはがして洗い、ミニトマトはくし型に4等分しておきます。
  4. 絹ごし豆腐は1㎝のさいの目に切ります。
  5. 味噌ドレッシングを作ります。長芋は厚めに皮をむき、ぬめりを洗って水分を切り、1㎝の輪切りにしてナイロン袋に入れます。すりこ木(なければビンを使って)でたたいてつぶします。味噌をボールに入れて、べんりで酢で溶きのばします。たたき長芋を入れてよく混ぜます。

【使用商品】べんりで酢

【料理方法】まぜる

【ジャンル】副菜

【主材料】豆・豆腐, 野菜

【イベント】

【季  節】春

一言コメント

  • 味噌ドレッシングは、使う味噌によって辛さと味が変わりますが、どんな味噌でもよく合います。
  • 夏には冷やっこにかけたり、冷やしそうめんにかけて召し上がってもおいしいです。

杉立先生の紹介

土井勝料理学校入社。1987年(昭和62年)より土井勝校長の専属助手として、料理番組や料理本の出版にもかかわる。1989年(平成元年)、教授に昇格。さらに土井勝校長と共に日本全国及び海外の料理取材と講演会に奮闘し、1995年(平成7年)、料理研究家として独立。現在、料理講習会、料理コンテストの審査員、企業コンサルタント、料理本の出版など幅広く活躍中。