このエントリーをはてなブックマークに追加

杉立宏子先生の酢てきなクッキング 杉立宏子先生の酢てきなクッキング Recipe

簡単肉じゃが

材料(4人分)

・牛肉(こま切れ) 200g ・じゃがいも 中4個(400g)

・玉ねぎ 中1個(200g) ・人参 2/3本(120g)

・えんどう(茹で) 20g ・サラダ油 大さじ1

・なんでもごたれ 90ml ・水 2カップ

作り方

  1. 牛肉は食べやすい大きさに、じゃがいもは一口大に、玉ねぎはくし型に、人参は1㎝厚さの輪切りにします。
  2. 鍋にサラダ油を熱し、1の牛肉と玉ねぎを炒め、人参、じゃがいもを加えて炒め合わせたら、水となんでもごたれを加えて、沸騰したらアクをすくい、落とし蓋をして弱火で15~20分煮ます。
  3. 材料に火が通ったらえんどうを加え、煮崩れしないように注意しながらほとんど煮汁がなくなるまで煮ます。

【使用商品】なんでもごたれ

【料理方法】煮る

【ジャンル】主菜

【主材料】肉類, 野菜

【イベント】

【季  節】通期

作り方

  1. 牛肉は食べやすい大きさに、じゃがいもは一口大に、玉ねぎはくし型に、人参は1㎝厚さの輪切りにします。
  2. 鍋にサラダ油を熱し、1の牛肉と玉ねぎを炒め、人参、じゃがいもを加えて炒め合わせたら、水となんでもごたれを加えて、沸騰したらアクをすくい、落とし蓋をして弱火で15~20分煮ます。
  3. 材料に火が通ったらえんどうを加え、煮崩れしないように注意しながらほとんど煮汁がなくなるまで煮ます。

【使用商品】なんでもごたれ

【料理方法】煮る

【ジャンル】主菜

【主材料】肉類, 野菜

【イベント】

【季  節】通期

一言コメント

「なんでもごたれ」を使った簡単肉じゃがレシピのご紹介

 

煮物の大定番料理といえば、「肉じゃが」です。

肉じゃがは、老若男女の幅広い世代に好まれる料理です。家庭によってそれぞれに味の異なるのが「肉じゃが」の特徴ですね。味や使う食材などさまざまなバリエーションとコツがあると思います。そんな親しみ深い肉じゃがは、簡単そうにも見えますが、料理の中でも特に難しいと言われている煮物料理に分類分けされます。

肉じゃがを作った時に、「なんだか今回は味がうまく決まらなかった」という方もいらっしゃるのではないでしょうか。

そんな方におすすめ!トキワの「なんでもごたれ」を使った失敗知らずの簡単肉じゃがレシピをご紹介。

 

「なんでもごたれ」で作る簡単肉じゃが

 

肉じゃがに使う具財は好きな食材を使ってアレンジ可能です!えんどう(グリンピース)を三つ葉や青ねぎ、いんげん豆等手に入りやすいものに変えておいしいです。肉じゃがに使う食材自体は、食べやすい大きさに切るだけで済ませることができるので、準備はとっても簡単ですね。

 

「なんでもごたれ」で作る肉じゃがは、簡単なのにしっかりおいしい!肉はやわらか、じゃがいもはほっくり♪お弁当にもおすすめレシピです。

なんといっても素材の味を邪魔しない優しい味の肉じゃがに仕上がるところがポイントです。簡単に作ることもできる上に彼氏や旦那さんの胃袋を掴むこと間違いなし!ぜひトキワ「なんでもごたれ」で作る簡単肉じゃがレシピをお試しください。

 

肉じゃがのルーツにまつわる話

 

肉じゃがは「おふくろの味」とも言われる料理として愛されている料理の一つですが

ルーツは「ビーフシチュー」と言われています。

 

なぜビーフシチューが肉じゃがになってしまったのか。。。。。

 

「食材(ワインなど)を手に入れることが困難だった。」

 

「万人受けするように和風味がよかった」など様々な要因が考えられていますが、

このことについては、はっきりとは分かっていないようです。

 

そう考えてみるとビーフシチューも肉じゃがも使う食材はほとんど同じですよね。

食材が同じでも調味料によって様々な楽しみ方ができるのが料理の楽しみでもあります。違った角度から見てみると新しい発見があるかもしれませんね。

 

 

 

 

 

 

杉立先生の紹介

土井勝料理学校入社。1987年(昭和62年)より土井勝校長の専属助手として、料理番組や料理本の出版にもかかわる。1989年(平成元年)、教授に昇格。さらに土井勝校長と共に日本全国及び海外の料理取材と講演会に奮闘し、1995年(平成7年)、料理研究家として独立。現在、料理講習会、料理コンテストの審査員、企業コンサルタント、料理本の出版など幅広く活躍中。