このエントリーをはてなブックマークに追加

杉立宏子先生の酢てきなクッキング 杉立宏子先生の酢てきなクッキング Recipe

ごぼうのきんぴら

材料(4人分)

・ごぼう 200g ・赤唐辛子 1本

・え~だし 大さじ1 ・但馬牛焼肉ステーキ醤油 大さじ2
・みりん 大さじ1 ・砂糖 大さじ1/2

・サラダ油 大さじ1

作り方

  1. ごぼうはたわしで泥を洗い落として、皮もこすり落とします。ピラ-で4~5cm長さに皮をむく要領で削っていき、水に放してアク抜きします。
  2. 赤唐辛子は水につけて、柔らかくなったがくを切り、種を出して、小口切りにします。
  3. え~だし、但馬牛しょうゆ、みりん、砂糖を合わせておきます。
  4. 中華なべをあたためて、サラダ油を入れ、1のごぼうの水気を切って加え、中火で炒めます。2の赤唐辛子を加えて更に炒めて、ごぼうに火が通ったら鍋をはずして、3の調味料を加え混ぜ、再び火にかけて調味料がなくなるまで混ぜながら炒めます。
  5. 器に盛り一緒に炒めた赤唐辛子を天盛りにします。

【使用商品】えーだし, 但馬牛焼肉・ステ-キ醤油

【料理方法】炒める

【ジャンル】副菜

【主材料】野菜

【イベント】

【季  節】通期

作り方

  1. ごぼうはたわしで泥を洗い落として、皮もこすり落とします。ピラ-で4~5cm長さに皮をむく要領で削っていき、水に放してアク抜きします。
  2. 赤唐辛子は水につけて、柔らかくなったがくを切り、種を出して、小口切りにします。
  3. え~だし、但馬牛しょうゆ、みりん、砂糖を合わせておきます。
  4. 中華なべをあたためて、サラダ油を入れ、1のごぼうの水気を切って加え、中火で炒めます。2の赤唐辛子を加えて更に炒めて、ごぼうに火が通ったら鍋をはずして、3の調味料を加え混ぜ、再び火にかけて調味料がなくなるまで混ぜながら炒めます。
  5. 器に盛り一緒に炒めた赤唐辛子を天盛りにします。

【使用商品】えーだし, 但馬牛焼肉・ステ-キ醤油

【料理方法】炒める

【ジャンル】副菜

【主材料】野菜

【イベント】

【季  節】通期

一言コメント

・ごぼうの皮はたわしでこするときれいになり、香りも残ります。

・ごぼうはアクを抜きすぎると味も香りもなくなりますので、2回水を替えるぐらいにして下さい。

・ごぼうのささがきは包丁で作るのが一番ですが、ピラ-を使うと手軽に出来ます。

杉立先生の紹介

土井勝料理学校入社。1987年(昭和62年)より土井勝校長の専属助手として、料理番組や料理本の出版にもかかわる。1989年(平成元年)、教授に昇格。さらに土井勝校長と共に日本全国及び海外の料理取材と講演会に奮闘し、1995年(平成7年)、料理研究家として独立。現在、料理講習会、料理コンテストの審査員、企業コンサルタント、料理本の出版など幅広く活躍中。