杉立宏子先生の酢てきなクッキング

かぶのかにあんかけ

材料(4人分)

・小かぶ 600g ・米のとぎ汁 適量
・かに(上身) 100g ・きくらげ(乾燥) 3g
・さやいんげん 20g ・水 2カップ
・え~だし 大さじ2 ・砂糖 大さじ1
・みりん 大さじ1 ・酒 大さじ3
・薄口醤油 大さじ1と1/2
片栗粉大さじ1+水大さじ1、ゆず少々、土生姜15g

作り方

  1. きくらげは水に20~30分つけて柔らかく戻し、石づきを取ってせん切りにします。
    かには軟骨を取り除いて、身を粗くほぐしておきます。
    さやいんげんは茹でて斜め切りにし、ゆずは皮をそいでせん切りにします。
    土生姜は皮をむいて、すりおろします。
    片栗粉に水を加えて水溶き片栗粉を作ります。
  2. 小カブは6つ割りにして皮をむき、面取りして米のとぎ汁でかために茹でて水に取り洗って水気を切ります。
  3. 鍋に水とえ~だしを入れて火にかけ、あたたまったら2の小かぶを入れて煮立てばアクを取り、落としぶたをして弱火で5~6分煮ます。
  4. かぶが柔らかくなったら、砂糖、みりん、酒、薄口しょうゆを入れて味を調えて、4~5分煮て火を止め、器に小かぶを盛ります。
  5. 4の煮汁を火にかけて1のきくらげ、かに、さやいんげんを加え、煮立ったら水溶き片栗粉をまわし入れて手早く混ぜてとろみをつけます。
  6. 4の小かぶの上に5のかにあんをたっぷりかけて、ゆずを散らし、おろし生姜をのせてすすめます。

【使用商品】えーだし

【料理方法】煮る

【ジャンル】副菜, 汁物・スープ

【主材料】魚介類, 野菜

【イベント】お正月

【季  節】冬

一言コメント

かぶを使った簡単レシピをご紹介

「かぶ」は春と秋に旬を迎える食材で、一般的に春に出回る「かぶ」はやわらかく、秋の「かぶ」は甘みが強くなる傾向があります。ぜひレシピづくりにも活かしてみてくださいね。

 

年に2回旬を迎える「かぶ」は、人気も高くレシピも多くありますよね。

酢漬けにしたり、浅漬けにしたり炒め物につかったりとさまざまな楽しみ方とレシピがある「かぶ」ですが、今回は「かぶ」と「あんかけ」を組み合わせたトロッとおいしいほっこりレシピです。

すこし肌寒くなってくる秋におすすめのレシピです。

あんかけレシピは体を保温する働きもあるので、とってもおすすめです。

 

 

今回のレシピでは「かぶ」を使ってご紹介いたしましたが、かぶの代わりに大根、じゃがいも、里芋、れんこん、大きなかぶらなどでも、おいしくいただけます。

 

かぶをおいしくいただくための保存方法

「かぶ」は大きさも様々なことが多く、レシピの内容によっては余ってしまったということもあるかもしれません。

 

そんな時、「かぶ」の劣化を防ぎ、そして鮮度を保つ方法があります。

 

「かぶ」は時に葉がついたまま売られていることがあります。実は、かぶに葉がついていると栄養を取られてス(隙間)が入ってしまいおいしさが低下してしまいます。

 

保存する場合には葉を切り落としてから保存することで、劣化するのを抑制することができます。

もし使い切れず保存する場合には、実践してみてくださいね。