杉立宏子先生の酢てきなクッキング

さんまのかば焼き丼

材料(1人分)

・さんま 1尾 ・レタス 少々

・みょうが 1個

・ご飯 1人分 ・サラダ油 小さじ1
【たれ】

・但馬牛焼肉ステーキ醤油 大さじ2 ・酒 大さじ1

・砂糖 大さじ1 ・バター 5g

作り方

  1. さんまはうろこを除いて頭を落とし、腹を開いて内臓を出し、ていねいに水洗いしてしっかり水分をふきとります。
  2. 大名おろしをします。さんまの腹を手前に、尾を左におき、中骨の上に包丁を入れて上下に動かしながらおろします。ひっくり返して同じようにもう片側の身もおろします。次に腹骨をすくい取り3等分に切ります。
  3. レタスはきれいに洗って細く切ります。
  4. みょうがは小口から薄く刻み水に放してアク抜きして水分を切ります。
  5. たれの但馬牛醤油、酒、砂糖を合わせておきます。
  6. フライパンを温めてサラダ油を入れ、2のさんまを身の方から入れて焼き色がついたら返して余分な油をペーパーでふき取り、5のたれを入れてからめていきます。
  7. 器に炊きたてのごはんを盛り、レタスを敷いて、6のさんまを並べてバターを乗せて6の残った汁をかけ、4のみょうがを乗せます。

【使用商品】但馬牛焼肉・ステ-キ醤油

【料理方法】

【ジャンル】

【主材料】

【イベント】

【季  節】冬

一言コメント

・好みで粉山椒や七味唐辛子をかけてお召し上がりください。