このエントリーをはてなブックマークに追加

杉立宏子先生の酢てきなクッキング 杉立宏子先生の酢てきなクッキング Recipe

鶏肉とアボカドの甘酢あん

材料(4人分)

鶏むね肉・・・250g
コショウ・・・少々
濃口醤油・・・大さじ1
卵・・・1個
片栗粉・・・1/4カップ(35g)
揚げ油・・・適量
玉ねぎ・・・200g
赤・黄パプリカ・・・各1/2個
ズッキーニ・・・1本
アボカド・・・1個
サラダ油・・・大さじ1(揚げ油を少し残す)
【べんりで酢あん】
べんりで酢・・・100ml
トマトケチャップ・・・1/2カップ(115g)
片栗粉+水・・・各小さじ2ずつ

作り方

  1. 鶏むね肉は、一口大のそぎ切りにし、コショウ・濃口醤油で下味をつけ、卵と片栗粉を加えてもみこみ、フライパンに油を2~3㎝入れて、165~170℃に熱して、手で鶏むね肉に衣をからめながら入れて、カラッと揚げます。
  2. 玉ねぎは乱切り、赤・黄パプリカは種を取って乱切りにし、ズッキーニは洗って1㎝厚さに切り、アボカドは縦半分に切って種を取り、皮をむいて縦半分に切り、1㎝幅に切ります。
  3. べんりで酢あんの調味料を合わせてよく混ぜておきます。 (片栗粉は水溶きにしてから混ぜます)
  4. 中華鍋にサラダ油を熱して、2のズッキーニ、玉ねぎ、赤・黄パプリカの順に炒め、さらにアボカド、3のべんりで酢あん、1の鶏むね肉を順に加えて全体をからめて仕上げます。

【使用商品】べんりで酢

【料理方法】炊く

【ジャンル】主菜

【主材料】野菜

【イベント】

【季  節】夏

作り方

  1. 鶏むね肉は、一口大のそぎ切りにし、コショウ・濃口醤油で下味をつけ、卵と片栗粉を加えてもみこみ、フライパンに油を2~3㎝入れて、165~170℃に熱して、手で鶏むね肉に衣をからめながら入れて、カラッと揚げます。
  2. 玉ねぎは乱切り、赤・黄パプリカは種を取って乱切りにし、ズッキーニは洗って1㎝厚さに切り、アボカドは縦半分に切って種を取り、皮をむいて縦半分に切り、1㎝幅に切ります。
  3. べんりで酢あんの調味料を合わせてよく混ぜておきます。 (片栗粉は水溶きにしてから混ぜます)
  4. 中華鍋にサラダ油を熱して、2のズッキーニ、玉ねぎ、赤・黄パプリカの順に炒め、さらにアボカド、3のべんりで酢あん、1の鶏むね肉を順に加えて全体をからめて仕上げます。

【使用商品】べんりで酢

【料理方法】炊く

【ジャンル】主菜

【主材料】野菜

【イベント】

【季  節】夏

杉立先生の紹介

土井勝料理学校入社。1987年(昭和62年)より土井勝校長の専属助手として、料理番組や料理本の出版にもかかわる。1989年(平成元年)、教授に昇格。さらに土井勝校長と共に日本全国及び海外の料理取材と講演会に奮闘し、1995年(平成7年)、料理研究家として独立。現在、料理講習会、料理コンテストの審査員、企業コンサルタント、料理本の出版など幅広く活躍中。