このエントリーをはてなブックマークに追加

杉立宏子先生の酢てきなクッキング 杉立宏子先生の酢てきなクッキング Recipe

はまぐりの吸い物

材料(4人分)

・はまぐり8個

・うど(4cm)40g

・木の芽4枚

・水700ml

・え~だし50ml

・酒大さじ1

作り方

  1. はまぐりは薄い塩水(水1ℓに塩小さじ2の割合)につけて砂出しをし、貝と貝をこすり合わせてぬめりがなくなるまできれいに洗います。うどは皮を厚めにむいて短冊に切り、水にさらします。
  2. 鍋に水とえ~だしを入れて、1のはまぐりの水分をきって入れ、火にかけて煮立ったらアクと泡をすくい取り2~3分煮て酒を加えて火を止めます。
  3. お椀に注ぎ、うどを入れて、吸い口に木の芽を添えます。

【使用商品】えーだし

【料理方法】その他

【ジャンル】汁物・スープ

【主材料】魚介類

【イベント】ひな祭

【季  節】春

作り方

  1. はまぐりは薄い塩水(水1ℓに塩小さじ2の割合)につけて砂出しをし、貝と貝をこすり合わせてぬめりがなくなるまできれいに洗います。うどは皮を厚めにむいて短冊に切り、水にさらします。
  2. 鍋に水とえ~だしを入れて、1のはまぐりの水分をきって入れ、火にかけて煮立ったらアクと泡をすくい取り2~3分煮て酒を加えて火を止めます。
  3. お椀に注ぎ、うどを入れて、吸い口に木の芽を添えます。

【使用商品】えーだし

【料理方法】その他

【ジャンル】汁物・スープ

【主材料】魚介類

【イベント】ひな祭

【季  節】春

一言コメント

吸い口はゆずでも香りが良いです。

杉立先生の紹介

土井勝料理学校入社。1987年(昭和62年)より土井勝校長の専属助手として、料理番組や料理本の出版にもかかわる。1989年(平成元年)、教授に昇格。さらに土井勝校長と共に日本全国及び海外の料理取材と講演会に奮闘し、1995年(平成7年)、料理研究家として独立。現在、料理講習会、料理コンテストの審査員、企業コンサルタント、料理本の出版など幅広く活躍中。