このエントリーをはてなブックマークに追加

杉立宏子先生の酢てきなクッキング 杉立宏子先生の酢てきなクッキング Recipe

いかの炊き込みごはん

材料(4人分)

・剣先いか2杯(200gg)
・米2合
・水400ml
・え~だし大さじ2
・土生姜20g
・三つ葉1束

作り方

  1. 剣先いかはわたと足を抜いて水洗いして、胴の部分は1㎝の輪切りにし、足は先を切り落として3㎝長さに切ります。
  2. 土生姜は皮をむいてすりおろします。
  3. ボウルにえ~だしと2のおろし生姜を入れてよく混ぜ、1のいかを5~6分程度漬けます。
  4. 炊飯器の内釜に洗った米と分量の水を入れます。
  5. 4に3のいかを漬け汁ごと加えて混ぜ、普通に炊きます。
  6. 三つ葉は洗って2㎝長さに切ります。
  7. 炊き上がったら6の三つ葉を加えて混ぜ、お茶碗に盛り付けます。

【使用商品】えーだし

【料理方法】炊く

【ジャンル】主食

【主材料】魚介類

【イベント】

【季  節】通期

作り方

  1. 剣先いかはわたと足を抜いて水洗いして、胴の部分は1㎝の輪切りにし、足は先を切り落として3㎝長さに切ります。
  2. 土生姜は皮をむいてすりおろします。
  3. ボウルにえ~だしと2のおろし生姜を入れてよく混ぜ、1のいかを5~6分程度漬けます。
  4. 炊飯器の内釜に洗った米と分量の水を入れます。
  5. 4に3のいかを漬け汁ごと加えて混ぜ、普通に炊きます。
  6. 三つ葉は洗って2㎝長さに切ります。
  7. 炊き上がったら6の三つ葉を加えて混ぜ、お茶碗に盛り付けます。

【使用商品】えーだし

【料理方法】炊く

【ジャンル】主食

【主材料】魚介類

【イベント】

【季  節】通期

一言コメント

するめいかを使うときは固いので少し小さめに切ってください。

杉立先生の紹介

土井勝料理学校入社。1987年(昭和62年)より土井勝校長の専属助手として、料理番組や料理本の出版にもかかわる。1989年(平成元年)、教授に昇格。さらに土井勝校長と共に日本全国及び海外の料理取材と講演会に奮闘し、1995年(平成7年)、料理研究家として独立。現在、料理講習会、料理コンテストの審査員、企業コンサルタント、料理本の出版など幅広く活躍中。