杉立宏子先生の酢てきなクッキング

細巻きずし

材料(12本分)

すし飯960g(1本80g)、のり6枚、

・たくあん50g、炒り黒ゴマ小さじ1、大葉4枚、

・えび4尾、べんりで酢大さじ1/2、きゅうり1/2本、べんりで酢大さじ1

・ツナ缶1缶(70g)、べんりで酢大さじ1/2、マヨネーズ10g

作り方

1、のりは長い方の辺を半分にして、2枚に切っておきます。

2、青じその葉は縦に4等分します。

たくあんは薄く輪切りにしてのち細く切り、黒ゴマを混ぜます。

3、きゅうりは塩もみして洗い、ヘタを切って縦半分にして、のちそれを4等分して芯のところは少しそいで、べんりで酢をかけてしばらくおきます。

えびは背わたを取って、腹側に尾の所から竹串を身と皮の間に打ち、塩熱湯で茹でて(水5カップに塩大さじ1の割合)、冷水に取り、冷めたら水分を切って竹串を抜いて殻をむき、半分にそいでべんりで酢をかけておきます。

4、ツナはしっかりと水分(油分)を切り、べんりで酢を混ぜて、マヨネーズを混ぜます。

5、乾いた巻きすの上に1ののりを横に置き、すしご飯をさばきながら、のりの手前から3/4まで平均に広げて、ご飯の中央に具をのせます。

親指を巻きすの裏に当て、手前と向こうの端のご飯を合わせるように一気に巻き、全体を軽くしめて端を整え、巻き終わりを下にします。

【使用商品】べんりで酢

【料理方法】炊く, その他

【ジャンル】主食

【主材料】魚介類, 野菜, ごはん

【イベント】節分

【季  節】冬

一言コメント

*節分なので丸かじりには食べやすいと思いますが、切る場合は4~6個に切ります。

*中の具は好みのものを入れてください。