このエントリーをはてなブックマークに追加

杉立宏子先生の酢てきなクッキング 杉立宏子先生の酢てきなクッキング Recipe

焼きうどん

材料(1人分)

・うどん(茹で) 1玉(200g)  ・豚バラ肉 70g

・キャベツ 2~3枚(100g)  ・青ねぎ 1本

・但馬牛焼肉・ステーキ醤油 大さじ2

・サラダ油 大さじ1  ・水 大さじ1

・削りぶし粉、青のり、紅生姜(みじん切り) 各適量

作り方

  1. 豚肉は2~3cm幅に切り、キャベツは短冊切り、青ねぎは斜め切りにします。
  2. フライパンにサラダ油大さじ1/2をひき、うどんを入れて焼き色がついたらひっくり返します。水大さじ1を加え蓋をして蒸し焼きにし、うどんをほぐして取り出します。
  3. 2のフライパンに残りの油をひき、1の豚肉を炒め、色が変わったらキャベツと青ねぎを加えて炒めます。2のうどんを戻して炒め合わせて、但馬牛焼肉・ステーキ醤油を加えて全体にからめ、器に盛り付けてお好みで削りぶし粉、青のり粉、紅生姜をふりかけます。

【使用商品】但馬牛焼肉・ステ-キ醤油

【料理方法】焼く

【ジャンル】主食

【主材料】麺類

【イベント】

【季  節】通期

作り方

  1. 豚肉は2~3cm幅に切り、キャベツは短冊切り、青ねぎは斜め切りにします。
  2. フライパンにサラダ油大さじ1/2をひき、うどんを入れて焼き色がついたらひっくり返します。水大さじ1を加え蓋をして蒸し焼きにし、うどんをほぐして取り出します。
  3. 2のフライパンに残りの油をひき、1の豚肉を炒め、色が変わったらキャベツと青ねぎを加えて炒めます。2のうどんを戻して炒め合わせて、但馬牛焼肉・ステーキ醤油を加えて全体にからめ、器に盛り付けてお好みで削りぶし粉、青のり粉、紅生姜をふりかけます。

【使用商品】但馬牛焼肉・ステ-キ醤油

【料理方法】焼く

【ジャンル】主食

【主材料】麺類

【イベント】

【季  節】通期

一言コメント

 

簡単おすすめ!【焼きうどん】レシピをご紹介♪

 

今回ご紹介するレシピは簡単に作ることができてボリューミーな【焼うどん】レシピです。うどんはあっさり食べられるレシピが多いですが、今回ご紹介する焼うどんはお肉などを使ってボリュームにも満足いただけるレシピとなっています!まだ作られたことがないという方はぜひ一度焼うどんに挑戦してみてください。

 

焼うどんの作り方はとっても簡単なので、忙しいお母さんでもささっと作ることができるレシピです。あまり料理に自信がないといった方でも安心して作っていただけるほど簡単な内容となっていますので、ぜひ焼きうどんをお試しくださいませ♪ 焼うどんは晩御飯レシピとしてもご活用いただけますが、夜食やお酒のお供としてもご活用いただけます。様々なシーンで活用できる焼うどんをぜひマスターしてみてくださいね。

 

今回の焼うどんに使う調味料は、トキワの「但馬牛・焼肉ステーキ醤油」です。元々は但馬牛をおいしく食べるための調味料として開発された商品だったでのですが、今回の焼うどんのように炒め物などにもご利用いただけるほど汎用性の高い調味料としてご利用いただけます。

 

但馬牛・焼肉ステーキ醤油はさまざまな食材と相性がよく、焼うどんの他にも卵かけご飯や卵焼きなどにもご利用いただけますので1本でさまざまなお料理をお楽しみいただけます。

 

 

オリジナル焼うどんで野菜たっぷりの焼うどんに♪

 

今回ご紹介した焼うどんはトキワのおすすめレシピですが、焼うどんはどんな食材とも相性抜群です。そのため、焼うどんに使う食材は各ご家庭に残っている食材で大丈夫です♪

 

お好みで長ネギをプラスしてみたりしいたけや人参をプラスしてみたり、オリジナルの焼うどんでお楽しみください。

 

また、焼うどんのいいところは作る家庭で炒めるので、見た目以上にたくさんの野菜が摂れることです。野菜が最近食べれていないなと思った時のレシピとして焼うどんは重宝します。ぜひ【焼うどん】レシピをご活用くださいませ。

 

焼うどんは野菜が苦手なお子様や外食続きの食生活で悩んでいるといった時にもおすすめなレシピです。さらに手軽に野菜が取れるだけでなく、しっかりとボリュームのあるレシピなので、食べ盛りのお子さまにも満足していただけます。

 

 

ご家庭で焼うどんをされることは少ないかもしれませんが、覚えておいて損のないレシピです。というのも、焼うどんは幅広い年齢層で人気なレシピなので、人が集まるときなど大皿で振舞うことで喜ばれること間違いなしです!!今回ご紹介した焼うどんレシピは簡単アレンジバージョンなので突然の訪問でもささっと作ることが可能です。

 

 

 

杉立先生の紹介

土井勝料理学校入社。1987年(昭和62年)より土井勝校長の専属助手として、料理番組や料理本の出版にもかかわる。1989年(平成元年)、教授に昇格。さらに土井勝校長と共に日本全国及び海外の料理取材と講演会に奮闘し、1995年(平成7年)、料理研究家として独立。現在、料理講習会、料理コンテストの審査員、企業コンサルタント、料理本の出版など幅広く活躍中。