このエントリーをはてなブックマークに追加

トキワのキッチン トキワのキッチン Recipe

鍋焼きうどん

材料(1人分)

・うどん 1玉 ・卵 1個

・えびの天ぷら 1尾 ・ねぎ 適宜

・しいたけ 適宜 ・ほうれん草(茹で) 適宜

・え~だし 30cc ・水 180cc

作り方

  1. 土鍋にえ~だしと水を入れ、うどんつゆをつくります。
  2. うどんを入れて、しいたけ、ねぎ、ほうれん草などお好みの野菜をのせる。
  3. 2に卵を割り入れ、えびの天ぷらをのせてフタをして火にかけます。

【使用商品】えーだし

【料理方法】炊く

【ジャンル】主食, 鍋物

【主材料】麺類

【イベント】

【季  節】冬

作り方

  1. 土鍋にえ~だしと水を入れ、うどんつゆをつくります。
  2. うどんを入れて、しいたけ、ねぎ、ほうれん草などお好みの野菜をのせる。
  3. 2に卵を割り入れ、えびの天ぷらをのせてフタをして火にかけます。

【使用商品】えーだし

【料理方法】炊く

【ジャンル】主食, 鍋物

【主材料】麺類

【イベント】

【季  節】冬

一言コメント

冬にうれしい鍋レシピをご紹介

 

冬は体の芯から温まるレシピが恋しくなる季節です。あたたまるレシピの代表としては、鍋がおすすめです。

寒い日に食べる鍋はまた別格ですよね。さまざまな野菜と「しめ」のうどんを楽しむことができる鍋料理は最後まであたたまることができる定番の冬メニューですね。

 

鍋にはさまざまな種類ありますが、今回ご紹介する鍋レシピは、ツルッとおいしい鍋焼きうどんです。

 

鍋焼きうどんは、初めからうどんが入っていますので普段のうどんに近いものがありますが、鍋を使っているので、野菜やそのほかの具材もたくさん使うことができます。

 

あったかいお汁とうどんで芯から温まる冬におすすめのレシピです。

簡単に作ることができるので、忙しいお母さんにもおすすめのレシピです。

 

また使う具材もお好みに合わせて作り変えることができますので、アレンジが自在なのも嬉しいポイントです。

味付けも「え〜だし」で簡単に調整することができますので、お料理を始めたばかりの学生さんにもおすすめのレシピです。

 

うどんは、比較的あっさり食べられる食材ですので、具材を使ってボリュームを出しましょう。また卵を入れる際にはくぼみをつくり割り入れるときれいに仕上がります。

 

簡単「鍋焼きうどん」をお試しくださいませ。

 

消化のよさが嬉しい!うどんの性質

 

うどんは、一般的に消化が良いとされる食材として有名です。

うどんが消化の良い食材である理由は、うどんの成分の大部分がでんぷんであることが理由です。でんぷんは、よく知られる言葉で言い換えると「炭水化物」です。

 

うどんは麺類の中でも消化のよい麺に分類されます。うどん麺は食物繊維の含まれる量が少ないので、消化可能な糖質の比率が高くなります。

 

そのため胃内に止まる時間が短く、消化されやすい食材となります。

 

炭水化物で大部分構成されるうどんは、栄養バランスが偏ってしまう点があります。

そのため、トッピングなどで補うことがポイントとなります。

 

今回ご紹介するレシピのように天ぷらなどトッピングを準備して一緒に食べることでバランスよく食べることができるようになりますので、ぜひ実践してみてください。

 

また今回ご紹介したレシピは、「え〜だし」を使ったもっとも一般的なな焼きうどんですが、そのほかの方法でも鍋焼きうどんは作ることができます。

例えば、シチューやカレーなどを使っても鍋焼きうどんは作ることができますので、あまりものに合わせてうどんを活用してくださいね。