トキワのキッチン

冷やしうどん

材料(2人分)

・うどん 400g ・大根おろし 40g

・ねぎ 10g ・しょうが 10g

・白ゴマ 2g

めんつゆ

・え~だし 40ml ・水 280ml

作り方

  1. え~だしと水を合わせ、冷やしておきます。
  2. 湯を沸かしうどんをゆでます。
  3. うどんをゆでているあいだに大根としょうがをすりおろし、ねぎをきざんでおきます。
  4. うどんを器に盛り、大根おろし、ねぎ、しょうが、ごまを飾ってできあがり。

【使用商品】えーだし

【料理方法】まぜる

【ジャンル】汁物・スープ

【主材料】麺類

【イベント】

【季  節】夏

一言コメント

夏といえばさっぱりおいしい冷やしうどん!

 

とっても簡単!今回ご紹介するレシピは便利な冷凍麺で、ササッとできちゃう、夏イチオシのうどんレシピです。

暑い時には冷やしうどんがやっぱりおいしい!好みのトッピングでクセになるおいしさ!あっという間に作れてしまうのが嬉しいですね。

 

夏バテ対策に冷やしうどん!

 

暑い日が続くと食欲も低下してしまい十分な栄養が取れないといったことがあります。

皆様も夏には夏の食べ物としていろいろなものを食べて対策をされるとと思いますが、冷やしうどんであればトッピングとして様々な具材を載せることができるので夏バテ予防にも効果的に働きます。

お好みの具をたっぷりのせて、栄養バランスのチェックも簡単です。食べやすいだけでなく夏バテ防止にも役立つレシピが冷やしうどんです。

 

また、大根おろしやみょうがを入れるとアクセントを楽しめる冷やしうどんに、さらに色味をたしてカイワレや大葉、ねぎなどを加えていっそうおいしく、楽しくいただけます。自分なりのオリジナル冷やしうどんで夏を乗り切りましょう。

 

毎日の食卓に、手軽に・簡単に作れる人気レシピをお役立てくださいませ。

 

うどんは胃腸の調子が悪い時にはおすすめです

 

夏は冷たい飲み物や食べ物、そして冷房などの使用によって胃腸の働きが鈍くなることがあります。胃腸の働きが悪くなると消化吸収が円滑に行われず、体調を崩しやすくなってしまいます。

 

胃腸の調子が悪い時は、できるだけ食物繊維や脂肪が少ない食品をやわらかく調理した料理が適しています。

 

胃腸の働きが鈍くなったときに食べるとよい食材はさまざま存在しますが、その1つとしてうどんもその候補としてあげられます。うどんは比較的消化のよい食品なので胃腸への負担を軽減できます。

 

ただ、胃腸の調子が悪い時には、冷やしうどんは胃腸にとって負担になりかねません。胃腸が弱まっていると感じるときには煮込みうどんなど体に優しい食べ方を心がけてください。