このエントリーをはてなブックマークに追加

トキワのキッチン トキワのキッチン Recipe

夏野菜のスタミナ丼

材料(2人分)

ごはん・・・2杯(200g)
豚こま切れ肉・・・150g
片栗粉・・・大さじ1
なす・・・1本(130g)
ピーマン・・・2個(100g)
パプリカ(赤)・・・1/4個(50g)
サラダ油・・・適量
【たれ】
 べんりで酢・・・大さじ2
 え〜だし・・・大さじ2

作り方

  1. 豚こま切れ肉に片栗粉をまぶし、なす、ピーマン、パプリカは乱切りにします。たれの材料を合わせておきます。
  2. フライパンにサラダ油を熱し、1のなす、豚こま切れ肉、パプリカ、ピーマンの順に炒めます。火が通ったら1のたれを回し入れてとろみが出るまで炒めます。
  3. 丼にごはんをよそい、2を盛り付けます。

【使用商品】

【料理方法】

【ジャンル】

【主材料】

【イベント】

【季  節】

作り方

  1. 豚こま切れ肉に片栗粉をまぶし、なす、ピーマン、パプリカは乱切りにします。たれの材料を合わせておきます。
  2. フライパンにサラダ油を熱し、1のなす、豚こま切れ肉、パプリカ、ピーマンの順に炒めます。火が通ったら1のたれを回し入れてとろみが出るまで炒めます。
  3. 丼にごはんをよそい、2を盛り付けます。

【使用商品】

【料理方法】

【ジャンル】

【主材料】

【イベント】

【季  節】

一言コメント

夏に嬉しいスタミナレシピをご紹介いたします

 

トキワの調味料を使った簡単スタミナレシピをご紹介いたします。簡単に作ることができるので、忙しいお母さんにもおすすめです。



お子様にも大人気のレシピですので、ぜひ小さなお子様がいらっしゃるご家庭でも作ってみてください。

夏は外的環境の変化から食生活が変化したり、生活環境が変化します。そのことで、体のだるさを感じたり、夏バテになったりしてしまう季節です。

そんな時は、栄養満点のレシピで夏バテになりにくい体づくりを目指しましょう。

 

そもそも夏バテはどうしてなるの?

 

夏バテと一言に言っても、その症状は様々です。そして症状がいろいろあることに加えてその原因も様々です。

夏バテの原因を理解して、夏バテになりにくい生活を心がけてみてはいかがでしょうか。

 

まずは、その原因についてご紹介いたします。

今の生活を見直してみて夏バテの原因となりそうな生活を改善してみてください。

 

 

室内外の温度差による自律神経の乱れ

 

夏には必需品でもある冷房器具。夏の暑い日に快適な生活を送る上でなくすことはできませんが、冷房方法によっては、夏バテの原因となってしまうので注意が必要です。

猛暑の屋外から、エアコンで冷えた室内に戻るときなどの急激な温度差は体力を消耗し、夏バテの原因になります。さらに冷房の効きすぎた部屋にいると、そのストレスから自律神経がうまく働かなくなります。

さらに、自律神経の変調が胃腸の不調や全身の倦怠感、さらには食欲不振を二次的に引き起こすことで夏バテになりやすくなります。

 

高温多湿の環境による発汗異常

 

高温多湿の場所に長く居続けることで発汗が困難になることがあります。これによって、適切な体温調節ができなくなることがあります。また、長時間直射日光の下にいると発汗が過剰になり、体の水分が不足気味になり、夏バテを引き起こします。

 

寝苦しい夜が引き起こす睡眠不足

 

エアコンの室外機や都市部の住宅密集化などが原因で、夜でも気温が下がりにくいことが原因で寝つきが悪くなったり、睡眠不足に陥ることがあります。睡眠によって日中の疲労を回復することができず、疲れが溜まってしまい夏バテを引き起こします。

 

原因がわかったところで、対策を施さないと意味がありません。

また先述したように様々な原因で夏バテは引き起こるので、夏バテを100%回避するというのは難しくあります。

 

では、日頃の生活で意識してできる夏バテ予防にはどんなものがあるのでしょうか。

次には、対策法について見ていきたいと思います。

 

 

お家でできる夏バテ対策

 

栄養価の高い食品を食べる

 

夏バテになる以前に、夏は食欲が低下しがちな季節です。これが原因となって夏バテになることもしばしば。そのようにならないためにも、食欲が減退しがちな夏は、量より質に重点を置いた食事をとりましょう。とくに疲労回復に効果的な玄米、豚肉、ウナギ、豆類、ねぎ、山芋などの良質なたんぱく質、高ビタミンの食材をしっかりとり入れることで、夏バテになりにくい生活を送ることができるようになります。

 

室内での過ごし方を工夫する

 

外気温と室温の温度差が5℃以上になると、自律神経が乱れやすくなるといわれています。

エアコンの温度はこまめに調節しましょう。また、オフィスなど自分でエアコンの温度調節ができないところでは、エアコンの風が直接当たらない場所に座ったり、上着を羽織るなど工夫をして体温の調節をしましょう。

 

ぐっすり眠ってその日の疲れを取る

 

疲れを溜めないことが夏バテ予防にはとても重要です。また、寝苦しくなる季節だからこそなるべく早く就寝する心がけも必要です。前日の疲れを持ち越さないことが、夏バテ予防には不可欠です。