トキワのキッチン

玉子豆腐

材料(2~3個分)

卵・・・(Mサイズ)2個

え~だし・・・大さじ1

水・・・180ml

作り方

  1. ボウルに卵を割り入れよく溶き、「え~だし」と水を加え卵液を作り、目の細かいこし器で一度こします。
  2. 耐熱の器に1を入れ、表面の泡をすくい取ります。鍋に器を並べ器の半分程度の水を入れて、器の上にキッチンペーパーまたは、クッキングシートをふわっとかぶせます。
  3. 鍋に蓋をして、お湯が沸いたらとろ火~弱火にし6~8分程度蒸します。粗熱が取れたら、冷蔵庫に入れて冷やします。

 

*蒸し時間は、火加減・器の大きさにもよります。竹串などを刺してみて澄んだ透明な液が上がってきたらできあがりです。ゆるい場合は、火を消したまま蓋をして4~6分程度置くと固まります。

 

【使用商品】

【料理方法】

【ジャンル】

【主材料】

【イベント】

【季  節】

一言コメント

お家で簡単玉子豆腐レシピをご紹介

 

買って食べることの多い玉子豆腐ですが、実はトキワの「え〜だし」があれば簡単に作ることがきます。

 

特に夏には、つるっとしたものが食べたくなる季節です。そんな時に、さっと作れる玉子豆腐が便利です。お子様にも人気の玉子豆腐をぜひお家でも作ってみてくださいね。

 

作業工程も3ステップと、とっても簡単に作ることができるので忙しいお母さんにもおすすめの一品です。失敗なしのお手軽玉子豆腐はこの夏おすすめです。

 

美味しい玉子豆腐を作るためのポイント

 

1.卵白は切るように撹拌してください

卵白が残っていると均一な玉子豆腐が作りにくくなめらかな玉子豆腐になりづらいです。

 

2.卵液は一度裏ごししてから使ってください

一度こすことによって、なめらかな仕上がりとなります。

 

みんなの疑問?玉子豆腐と茶碗蒸しの違いは?

みなさんもご存知で消化玉子豆腐と茶碗蒸しはとっても似ていますよね。

これらの違いってなんでしょう。果たして何が呼び名を変える基準になっているのでしょうか。

 

この二つの大きな違いといえば、玉子豆腐は冷やして茶碗蒸しは暖かい状態で食べるところですね。今回はそれ以外のところでの違いをみてみましょう。

そのほかの違いとしては、固さがことなるかと思います。これは、それぞれに使われる出しの量がことなることが要因としてあげれます。一般的に、玉子豆腐に使う出汁の量は、茶碗蒸しと比べて少ない分量で作られます。

 

茶碗蒸しは比較的とろとろしていて柔らかく、一方で玉子豆腐は茶碗蒸しに比べて固めであることが特徴です。また出し汁が多い分茶碗蒸しの方が玉子豆腐よりも味が濃いですよね。

味の薄い玉子豆腐は出し汁少なめですので、後からタレをつけて食べるケースが多いですよね。

玉子豆腐と茶碗蒸しの間には食べる温度の違いだけでなく出汁の分量やその違いによる固さの違いがありますので、ぜひ作る際にも意識しながら作ってみてくださいね。