このエントリーをはてなブックマークに追加

トキワのキッチン トキワのキッチン Recipe

みょうがの甘酢漬け

みょうがの甘酢漬け

材料(作りやすい分量)

みょうが・・・適量

べんりで酢・・・適量(みょうががかぶるくらいの分量)

作り方

  1. みょうがは洗って縦半分に切ります。
  2. 熱湯でさっと茹で、冷ましてから煮沸した保存容器に入れます。
  3. べんりで酢を注いで冷蔵庫で保存します。

【使用商品】べんりで酢

【料理方法】漬ける

【ジャンル】副菜

【主材料】野菜

【イベント】

【季  節】

作り方

  1. みょうがは洗って縦半分に切ります。
  2. 熱湯でさっと茹で、冷ましてから煮沸した保存容器に入れます。
  3. べんりで酢を注いで冷蔵庫で保存します。

【使用商品】べんりで酢

【料理方法】漬ける

【ジャンル】副菜

【主材料】野菜

【イベント】

【季  節】

一言コメント

 甘酢で漬けて野菜を食べやすく

甘酢に漬けた野菜は、さっぱりとした味で食べやすく箸休めとして重宝します。甘酢に漬けることで野菜の気になる苦味や青臭さが抑えられ、酸味も通常のお酢に比べ抑えられているため、野菜が苦手な人・お酢が苦手な人でも甘酢で作ったものなら食べられるという人が多く、作り方もかんたんなので人気の調理方法です。

 

 

甘酢はアレンジ&時短の調味料

甘味と酸味のバランスが絶妙な甘酢は漬け液以外にも、ケチャップと片栗粉をあわせれば甘酢あんに、オリーブオイルとレモンを加えればマリネの漬け液にもなります。いろんな料理にあわせてかんたんに使うことができる幅の広い調味料となりますが、砂糖をたくさん使う、砂糖を溶かすために火にかける必要があるなど、甘酢を作るにはひとつ、ふたつと悩ましいことや手間があります。

 

 

そんな甘酢に対する悩みを解消し、甘酢の良さをそのまま活かせるのがべんりで酢です。甘酢を作る手間が省けることで料理時間を短縮&もう一品料理を作る余裕が生まれ、アレンジに手間をかけずかんたんにすることができます。忙しい人をお手伝いしてくれる調味料なので、甘酢料理を作るときにはぜひご活用ください。

 

 

みょうがの甘酢漬けで夏を感じる

夏に旬を迎えるみょうがを甘酢に漬けることで、単体だけでもおいしく食べることができますし、刻んで料理に混ぜたり散らしたりすれば、かんたんなアクセントにも使うことができ、いつもと違う料理の風味を出すことができます。口の中をさっぱりさせてくれるみょうがの甘酢漬けは夏の風物詩ともいえます。

 

 

食材のアクセントとして使うときは繊維に沿って切ればシャキシャキ感を残すことができますし、繊維を絶つように切れば、料理に混ぜ込んでも食感に違和感を残すことはありません。

 

 

みょうがは香りを楽しむ食材なので、手に入ったら香りが損なわないうちに早目に料理するのが吉です。もし冷蔵庫で数日保存する場合はラップでぴったりと巻きつけると良いです。

 

 

べんりで酢でかんたんみょうがの甘酢漬けを是非お楽しみください。