トキワのキッチン

豚肉の甘酢あん

材料(4人分)

豚ロース肉(とんかつ用)・・・2枚(200g)

塩・コショウ・・・各少々

小麦粉・・・適量

べんりで酢・・・70ml

白ねぎ・・・1/2本(70g)

土生姜・・・15g

ごま油・・・小さじ1

サラダ油・・・適量

作り方

1.土生姜は皮をむいて白ねぎとともにみじん切りにします。

2.豚肉は1.5cm幅に切り、塩・コショウで下味をつけ、全体に薄く小麦粉をまぶします。フライパンに油を少し多めに入れ、揚げ焼きにして取り出し、焼き油をふき取ります。

3.同じフライパンにサラダ油をひき、1を炒めます。べんりで酢を入れ2を加えて、とろみがついたらごま油で香りをつけます。

【使用商品】べんりで酢

【料理方法】焼く

【ジャンル】

【主材料】肉類

【イベント】

【季  節】通期

一言コメント

豚肉を使った簡単レシピのご紹介

 

豚肉は、どのご家庭にもある定番の食材ですが、ついついいつも同じような味付けになったりしていませんか?

 

砂糖や醤油を使って甘辛く仕上げたり、塩を使って豚塩焼きにしてみたり、普段使うことの多い豚肉だからこそ、味付けにはバリエーションが欲しいものですよね。

いろいろな工夫をされていると思いますが、今回はべんりで酢を使った簡単豚肉レシピをご紹介いたします。

 

今までに、豚肉にお酢を合わせたことをしたことのある方はそう多くはないのではないでしょうか。

 

 

べんりで酢を使って、いつもとは少し違った豚肉レシピをお楽しみくださいませ♪

 

今回のレシピでは、そんな豚肉にべんりで酢の甘酢あんをプラス♪

 

豚肉のジューシな味わいとべんりで酢の酸味が程よいバランスのおすすめ定番レシピです。

家族の反応もグッド◎作り方はいたって簡単。

少しの時間で簡単に作れる豚肉レシピなのでお酒のつまみやお弁当のおかずとしても重宝すること間違いなしです♪

 

 

豚肉・牛肉・鶏肉いろいろあるけどどんなことが違う?

普段の食事に肉を使う機会は頻繁にあるかと思います。鶏肉や豚肉そして牛肉とレシピに合わせて使いわけをされていることと思います。

 

レシピ内容もそうですが、好みもありますので、このレシピにはこのお肉を使わないといけないということはありませんが、部位や種類によっては向き不向きがありますので、ぜひ特徴を知って使いわけをすることで、普段の料理が一段と美味しくなります。

 

豚肉の栄養面での特徴は?

主にスーパーに陳列されているお肉は豚肉、牛肉、鶏肉の3種類が多いですよね。

 

じつは、これら3種類は肉という面では共通していますが、栄養学的にはそれぞれに特徴があります。

 

今回はレシピでも使っている豚肉についてお話させていただきましょう。

 

豚肉に含まれる栄養素の特徴として、ビタミンB1が豊富に含まれています。

 

このビタミンB1は、糖の代謝に必要な重要な栄養素となります。実は、脳など神経細胞はブドウ糖と呼ばれる糖のみをエネルギー源とするため、ビタミンB1はとっても大切な栄養素です。

 

特に忙しい人やスポーツを行う人はそれだけエネルギーをつくって消費しているため、ビタミンB1が不足しやすくなっていますので、豚肉をはじめ、ビタミンB1が含まれる食品(レバーや豆類)を積極的に摂るようにしてください。

 

また豚肉に含まれるビタミンB1は、身近な食品のなかでもっとも多く含まれている食品であるため、日常のなかにうまく豚肉を取り入れ、ビタミンB1が不足してしまうことがないようにしましょう。