トキワのキッチン

レバニラ炒め

材料(2人分)

鶏レバー・・・150g

ニラ・・・1袋

なんでもごたれ・・・45ml

豆板醤・・・小さじ1/2

サラダ油・・・適量

作り方

  1. 鶏レバーは一口大に切り、牛乳に7~8分漬けて血抜きし、水でていねいに洗って水気を切ります。
  2. ニラは洗って4~5㎝長さに切ります。
  3. 温めたフライパンにサラダ油をひいて1を炒め、火が通ったら2を加えてさっと炒めてなんでもごたれと豆板醤を絡めます。

【使用商品】なんでもごたれ

【料理方法】焼く

【ジャンル】主菜

【主材料】肉類, 野菜

【イベント】

【季  節】

一言コメント

トキワおすすめの「なんでもごたれ」で作るレバニラレシピをご紹介いたします。

レバニラは中華料理店などで食べるイメージが強いですが、実は「なんでもごたれ」があればお家でも簡単に作ることができます。

今回ご紹介するレシピは、簡単3ステップで作ることができるので、忙しいお母さんにもおすすめのレシピです。

食べ盛りのお子様やボリューム感のあるレシピをお探しの方にも満足いただけるレシピです。ぜひお試しくださいませ。

 

レバニラのイメージって?

レバニラと聞いてみなさんがイメージすることはなんでしょうか。

多くのかたはやはり「スタミナ料理」といったイメージをされるのではないでしょうか。実際、レバニラには疲労回復効果が期待できますので、スタミナ料理としてのイメージは間違いではありません。

では、なぜレバニラが疲労回復効果が期待できるのでしょうか。

私たちが元気に活動するにはエネルギーが必要ですが、このエネルギーを作り出すために必要な栄養がレバニラには多く含まれています。レバニラの疲労回復効果はこのためです。またレバニラの疲労回復効果は同様の作用から夏バテ対策にも効果が期待できます。体力の消耗が激しい夏にもおすすめの一品です。

 

レバーはこれらの効果から優秀な食材として有名ですが、レパートリーが多くはなかったり下処理の手間が面倒であったりハードルが比較的高い食材の一つでもあります。今回ご紹介する「なんでもごたれ」を使えば失敗なく、そして手間なく簡単に調理することができるのでおすすめです。

健やかな毎日のためにレバニラレシピをお役立てくださいませ。

 

レバニラの臭み取り

レバーを苦手とする方の多くは、独特な香りを苦手としているのではないでしょうか。そのためレバーの臭みをとることで、食べにくさも軽減されます。

今回ご紹介するレシピでは、血抜きの際に牛乳を使っています。牛乳を使うことによってレバーの臭みを軽減させることができます。臭みが苦手でレバーは食べられないという方は、ぜひ牛乳を使って臭みとりを実践しみてはいかがでしょうか。