杉立宏子先生の酢てきなクッキング

おでん

材料(4人分)

牛すじ肉500g、大根400g~500g、じゃが芋4個、ちくわ2本、
・ごぼう天 4本 ・平天 4枚
・こんにゃく 1枚 ・卵4個
・ミニがんもどき 4個 ・焼き豆腐 1丁
・練り辛子 適量 ・塩 適量
・水 8カップ ・え~だし 1/2カップ
・砂糖 大さじ3 ・みりん 大さじ2
・薄口醤油 1/3カップ

作り方

【下準備】

  1. 鍋に湯を沸かして牛すじ肉を入れ、表面の色が変わったら水に取り出してきれいに洗って食べやすい大きさに切ります。
  2. 大根は2~3cm厚さに切って皮をむき、面取りをします。
  3. じゃが芋はきれいに洗って、皮の部分に切り目をぐるっと一周するまで入れて、鍋に水とともにいれ、火にかけ茹でます。竹串をさしてすっーと刺さったら氷水に取り出して10秒したら引き上げて皮をむきます。(この方法をテレビで見てやってみたらすごく簡単に皮がむけました。ぜひやってみてください。)
  4. ちくわは斜め半分に切ります。
  5. こんにゃくは多めの塩でよくもみ、きれいに洗って、半分に切って斜めに切り、厚みの真ん中に味の染みが良いように切り込みを入れ熱湯で下茹でしておきます。
  6. 卵は固ゆでにして殻をむいておきます。

 

【煮込み】

  1. 大きな鍋に水、え~だし、砂糖、みりん、薄口しょうゆを入れて、一煮立ちしたら1のすじ肉を入れて、アクを取り、再び煮立ったら約1時間コトコト煮て行きます。
  2. 7に2の大根と5のこんにゃくを入れてさらに1時間コトコトと煮ます。
  3. 8に卵、じゃが芋、ちくわ、ごぼう天、平天、ミニがんもどき、4等分した焼き豆腐を入れて、更に1時間煮ます。
  4. 出来上がりを深めの皿に盛り付け、煮汁をはって、練り辛子を添えてすすめます。

【使用商品】えーだし

【料理方法】炊く

【ジャンル】鍋物

【主材料】肉類, 魚介類, 卵・乳製品, 豆・豆腐, 野菜

【イベント】

【季  節】冬

一言コメント

トキワの万能調味出し「え〜だし」を使った簡単おでんの作り方をご紹介

冬に食べたくなるおでんですが、実は夏にもおすすめしたい料理でもあります。

夏は冷房、冷たい飲み物に加え冷たいレシピを食べる機会が多くなります。毎日のように体を冷やす料理を食べることによって体調を崩してしまう時季でもあります。

そのため、夏には温かいレシピも気にしながら食べる必要があります。

 

そこで、おすすめしたいレシピが「おでん」です。

おでんの良いところは、様々な食材の栄養素をいっぺんに摂取できるところにもあります。

また、生野菜は苦手な方でもおでんなら食べられるという方も多いはず。体が冷めすぎないように、たまにのおでんで体の調子を整えてください。

 

食材の特徴を活かして夏を乗り切る

おでんに使う食材といえば、大根やごぼう、じゃがいも、こんにゃく、卵など様々あります。家庭によって使う食材は様々でしょう。

中でも大根は、おでんに使われる食材の中でも人気の高い食材です。

時には辛みの強い大根がありますが、大根の辛み成分は熱に弱いため、煮物や汁物に入れたり茹でたりなど加熱することで甘く感じることができますので、おでんも同様の効果が期待できます。

大根を甘く食べようと思った時には、弱火でゆっくりとその温度を保つように加熱することで、より甘い大根を堪能することができます。

 

そのためおでんは通常2時間半から約3時間煮込みますが、たくさんの具を取り合わせてことこと時間をかけて煮込むことでよりおいしいおでんに仕上がりますのでぜひお試しください。

お好みでゆずの皮をすりおろしてふりかけると上品な一味違うおでんになりますので、少し気分を変えたいときにもおすすめです♪