このエントリーをはてなブックマークに追加

杉立宏子先生の酢てきなクッキング 杉立宏子先生の酢てきなクッキング Recipe

れんこんのきんぴら

材料(4人分)

・れんこん(細いもの) 300g ・赤唐辛子 2本

・え~だし 大さじ1 ・但馬牛焼肉ステーキ醤油 大さじ2

・みりん 大さじ1 ・砂糖 大さじ1/2
サラダ油大さじ1

作り方

  1. れんこんは細いものを選んで使い、皮をむいて2~3mm厚さの輪切りにして水に放します。
  2. 赤唐辛子は水につけて柔らかくなったらガクを切って種を出し、斜めに2等分します。
  3. え~だし、但馬牛焼肉ステーキ醤油、みりん、砂糖を合わせておきます。
  4. 中華鍋をあたためてサラダ油を入れ、1のれんこんの水分を切って入れ、2の赤唐辛子も入れて丁寧に炒めます。れんこんが透き通って火が通ったら鍋を火からおろして、3の合わせ調味料を加えてよく混ぜて再び火にかけます。れんこんに調味料が絡んで無くなったら火を止めます。
  5. 器に盛って一緒に炒めた赤唐辛子を天盛りにします。

【使用商品】べんりで酢, 但馬牛焼肉・ステ-キ醤油

【料理方法】炒める

【ジャンル】副菜

【主材料】野菜

【イベント】

【季  節】冬

作り方

  1. れんこんは細いものを選んで使い、皮をむいて2~3mm厚さの輪切りにして水に放します。
  2. 赤唐辛子は水につけて柔らかくなったらガクを切って種を出し、斜めに2等分します。
  3. え~だし、但馬牛焼肉ステーキ醤油、みりん、砂糖を合わせておきます。
  4. 中華鍋をあたためてサラダ油を入れ、1のれんこんの水分を切って入れ、2の赤唐辛子も入れて丁寧に炒めます。れんこんが透き通って火が通ったら鍋を火からおろして、3の合わせ調味料を加えてよく混ぜて再び火にかけます。れんこんに調味料が絡んで無くなったら火を止めます。
  5. 器に盛って一緒に炒めた赤唐辛子を天盛りにします。

【使用商品】べんりで酢, 但馬牛焼肉・ステ-キ醤油

【料理方法】炒める

【ジャンル】副菜

【主材料】野菜

【イベント】

【季  節】冬

一言コメント

れんこんを使った簡単レシピをご紹介

 

れんこんの収穫は秋からはじまり最も需要が高まる季節は冬になります。これはお節料理などで使われる機会が多いためです。

 

季節的な需要が多いれんこんですが、基本的にスーパーでほぼ年中購入することができますので、期間限定でしか食べられないということはありません。

 

シャキシャキとした食感が特徴で煮物やきんぴら、酢漬けなどさまざまなな料理に使うことができるので、家庭では重宝する食材です。

 

しかし、そんなれんこんにも難点が。

基本的に大きい食材のため一度に使いきるのが難しいということがあげられます。

 

今回ご紹介するレシピは、余ってしまったれんこんでも作ることができますのでおすすめです。

作り方も簡単で料理の苦手な方でも難なく作ることができるのでぜひお試しください。

 

れんこんを白くおいしく食べる秘訣をご紹介

 

れんこんは切った後そのままほったからしておくと、色が黒くなってしまいます。これによって、出来上がった料理の見た目が悪くなってしまうことがあります。

 

れんこんはなぜ黒くなってしまうのか

れんこんが黒く変色してしまう理由は、含まれている成分が原因です。

 

れんこんには、ポリフェノールの一種である「タンニン」という成分が含まれています。

タンニンは空気にふれて酸化すると黒く変色する特性があります。れんこんを切った後、黒くなってしまうのはこの働きによるものです。

 

料理の見た目にも影響するため、変色はできる限り抑えたいものです。

 

れんこんの色を白く保ち料理の見栄えをよくするために、切った後は「水」に漬けましょう。

そうすることで、空気と触れ合う時間が短くなり黒く変色してしまうのを防ぐことができます。

 

また、変色を防ぐ方法に「酢水」に漬けるという方法もありますが、これについてはあまりおすすめできません。

理由は、酢の香りがれんこんに移ってしまうからです。

 

お酢を使った料理(酢れんこん、ピクルスなど)であれば問題ありませんが、煮物などに使う際には酢の香りや味がれんこん移ってしまうと料理の質を落としかねません。

お酢を使わない料理では、水つけて変色を防ぐ方が無難でしょう。

 

さまざまな料理方があるれんこんですが、変色を防ぐだけで見栄えがずいぶんと変わります。

黒く変色することで味の変化はありませんが、ぜひ下処理にも注意してみてくださいね。

杉立先生の紹介

土井勝料理学校入社。1987年(昭和62年)より土井勝校長の専属助手として、料理番組や料理本の出版にもかかわる。1989年(平成元年)、教授に昇格。さらに土井勝校長と共に日本全国及び海外の料理取材と講演会に奮闘し、1995年(平成7年)、料理研究家として独立。現在、料理講習会、料理コンテストの審査員、企業コンサルタント、料理本の出版など幅広く活躍中。