このエントリーをはてなブックマークに追加

杉立宏子先生の酢てきなクッキング 杉立宏子先生の酢てきなクッキング Recipe

ゴーヤーとツナの酢の物

材料(4人分)

・ゴーヤー 1本(220g) ・塩 小さじ1

・ツナ缶 1缶(80g) ・べんりで酢 70ml

作り方

  1. ゴーヤーは縦半分に切り、スプーンで種とわたを取ります。
  2. 1の切り口を下にしてて2~3mm厚さに切り、塩をまぶし、5~6分おき、しんなりしたら両手ででかたく絞ります。
  3. ボウルに2のゴーヤーを入れてほぐし、ツナ缶を漬け汁ごと加えて、「べんりで酢」を加え、全体をよく混ぜます。

【使用商品】べんりで酢

【料理方法】

【ジャンル】

【主材料】

【イベント】

【季  節】夏

作り方

  1. ゴーヤーは縦半分に切り、スプーンで種とわたを取ります。
  2. 1の切り口を下にしてて2~3mm厚さに切り、塩をまぶし、5~6分おき、しんなりしたら両手ででかたく絞ります。
  3. ボウルに2のゴーヤーを入れてほぐし、ツナ缶を漬け汁ごと加えて、「べんりで酢」を加え、全体をよく混ぜます。

【使用商品】べんりで酢

【料理方法】

【ジャンル】

【主材料】

【イベント】

【季  節】夏

一言コメント

・冷蔵庫で1日置くと味が馴染んでおいしくなります。

・ゴーヤの苦味が苦手な方は、種を取る時にわたをていねいに取ってから薄めに切ってください。

杉立先生の紹介

土井勝料理学校入社。1987年(昭和62年)より土井勝校長の専属助手として、料理番組や料理本の出版にもかかわる。1989年(平成元年)、教授に昇格。さらに土井勝校長と共に日本全国及び海外の料理取材と講演会に奮闘し、1995年(平成7年)、料理研究家として独立。現在、料理講習会、料理コンテストの審査員、企業コンサルタント、料理本の出版など幅広く活躍中。