杉立宏子先生の酢てきなクッキング

信田巻き

材料(4本分)

すし飯600g、炒りごま大さじ2

・油揚げ4枚、水1カップ、なんでもごたれ大さじ2

・ごぼう30g、にんじん20g、水1/2カップ、え~だし大さじ1

作り方

1、油揚げはたっぷりの熱湯に入れ、落としぶたをして4~5分煮、

落としぶたで押さえてゆで汁を捨て、油抜きします。

2、1の鍋に分量の水、なんでもごたれを入れて落としぶたをして弱火で煮汁がほとんどなくなるまで煮て、そのまま冷まし、冷めたら汁けを軽くきり、一辺を残して三辺を切り取り、破かないように開きます。落とした端はもし油揚げが破れたらそこに当てたり、細かく刻んですし飯に混ぜます。

3、ごぼうは細かく刻んで水に放して2~3回水を替えてアク抜きし、にんじんも細かく刻みます。

4、鍋に分量の水とえ~だしを入れて3を入れ、弱火で10分位、煮汁がほとんどなくなるまで煮ます。

5、温かいすし飯に2の油揚げの刻んだものと、4の煮たものと炒りごまを混ぜ4等分してラップで棒状に少し堅めにまとめておきます。

6、巻きすの上に油揚げの表を下にして横長に置き、5をのせてしっかりと巻き、巻き終わりを下にして形を整え、しばらくして食べやすく切り、器に盛って新生姜のべんりで酢漬けを添えます。

【使用商品】べんりで酢, えーだし, なんでもごたれ

【料理方法】炊く, 煮る, その他

【ジャンル】主食

【主材料】野菜, ごはん, その他

【イベント】節分

【季  節】冬

一言コメント