このエントリーをはてなブックマークに追加

杉立宏子先生の酢てきなクッキング 杉立宏子先生の酢てきなクッキング Recipe

信田巻き

材料(4本分)

すし飯600g、炒りごま大さじ2

・油揚げ4枚、水1カップ、なんでもごたれ大さじ2

・ごぼう30g、にんじん20g、水1/2カップ、え~だし大さじ1

作り方

1、油揚げはたっぷりの熱湯に入れ、落としぶたをして4~5分煮、

落としぶたで押さえてゆで汁を捨て、油抜きします。

2、1の鍋に分量の水、なんでもごたれを入れて落としぶたをして弱火で煮汁がほとんどなくなるまで煮て、そのまま冷まし、冷めたら汁けを軽くきり、一辺を残して三辺を切り取り、破かないように開きます。落とした端はもし油揚げが破れたらそこに当てたり、細かく刻んですし飯に混ぜます。

3、ごぼうは細かく刻んで水に放して2~3回水を替えてアク抜きし、にんじんも細かく刻みます。

4、鍋に分量の水とえ~だしを入れて3を入れ、弱火で10分位、煮汁がほとんどなくなるまで煮ます。

5、温かいすし飯に2の油揚げの刻んだものと、4の煮たものと炒りごまを混ぜ4等分してラップで棒状に少し堅めにまとめておきます。

6、巻きすの上に油揚げの表を下にして横長に置き、5をのせてしっかりと巻き、巻き終わりを下にして形を整え、しばらくして食べやすく切り、器に盛って新生姜のべんりで酢漬けを添えます。

【使用商品】べんりで酢, えーだし, なんでもごたれ

【料理方法】炊く, 煮る, その他

【ジャンル】主食

【主材料】野菜, ごはん, その他

【イベント】節分

【季  節】冬

作り方

1、油揚げはたっぷりの熱湯に入れ、落としぶたをして4~5分煮、

落としぶたで押さえてゆで汁を捨て、油抜きします。

2、1の鍋に分量の水、なんでもごたれを入れて落としぶたをして弱火で煮汁がほとんどなくなるまで煮て、そのまま冷まし、冷めたら汁けを軽くきり、一辺を残して三辺を切り取り、破かないように開きます。落とした端はもし油揚げが破れたらそこに当てたり、細かく刻んですし飯に混ぜます。

3、ごぼうは細かく刻んで水に放して2~3回水を替えてアク抜きし、にんじんも細かく刻みます。

4、鍋に分量の水とえ~だしを入れて3を入れ、弱火で10分位、煮汁がほとんどなくなるまで煮ます。

5、温かいすし飯に2の油揚げの刻んだものと、4の煮たものと炒りごまを混ぜ4等分してラップで棒状に少し堅めにまとめておきます。

6、巻きすの上に油揚げの表を下にして横長に置き、5をのせてしっかりと巻き、巻き終わりを下にして形を整え、しばらくして食べやすく切り、器に盛って新生姜のべんりで酢漬けを添えます。

【使用商品】べんりで酢, えーだし, なんでもごたれ

【料理方法】炊く, 煮る, その他

【ジャンル】主食

【主材料】野菜, ごはん, その他

【イベント】節分

【季  節】冬

一言コメント

簡単おいしい信田巻きレシピをご紹介いたします

 

信田巻きはあまり聞き馴染みがないレシピですが、意外と簡単に作ることができます。

信田巻きとは、油揚げを開いて、肉・野菜・豆腐・蒲鉾などいろいろな食材を巻き、煮て味をつけた料理のことを言います。

これだけの説明だと信田巻きは、いなり寿司のようなイメージに止まってしまいますが、いなり寿司でなく信田巻きと言われる理由がほかにもあります。

 

実は、信田巻きは信太の森(現大阪府和泉市)に住むきつねが人間に化け、人間と暮らしたという言い伝えがあります。さらに、きつねが油揚げを好むとされることから、油揚げを用いた料理を「しのだ(信田)~」ということがあります。

 

信田巻きがこのように呼ばれるようになったのは上記のような理由があります。

 

信田巻きは様々な食事を使うが故に味付けの複数の味付けが必要になってきます。普段の台所では砂糖や醤油や酒などさまざまな調味料を使って信田巻きに使う具材を準備しなければならないので、意外と手間がかかる料理です。

 

しかし、トキワの調味料「べんりで酢」「なんでもごたれ」「え〜だし」の3本があれば手間の多い信田巻きも簡単に作ることができます。

ぜひ信田巻きに興味の持たれた方は、今回ご紹介させていただきました簡単信田巻きレシピをお試しくださいね♪

このほかにも、季節に合わせてワラビなどを使ってもおいしいです♪季節の食材を楽しむレシピとしても重宝するので、ぜひマスターしてみてください。

 

 

杉立先生の紹介

土井勝料理学校入社。1987年(昭和62年)より土井勝校長の専属助手として、料理番組や料理本の出版にもかかわる。1989年(平成元年)、教授に昇格。さらに土井勝校長と共に日本全国及び海外の料理取材と講演会に奮闘し、1995年(平成7年)、料理研究家として独立。現在、料理講習会、料理コンテストの審査員、企業コンサルタント、料理本の出版など幅広く活躍中。