このエントリーをはてなブックマークに追加

トキワのキッチン トキワのキッチン Recipe

大根と鶏肉のえ~だし煮

材料(2人分)

・鶏もも肉 150g ・人参 90g
・大根 165g ・え~だし 45mℓ
・水 300mℓ ・片栗粉 適量
・サラダ油 大さじ1/2

作り方

  1. 鶏もも肉、大根、人参は一口大に切ります。
  2. 1の鶏もも肉に片栗粉をまぶしておきます。
  3. フライパンにサラダ油をひき、2を焼きます。
  4. 3に1の大根、人参を入れて軽く炒め、分量のえ~だしと水を入れ、箸がすーっと通るまで煮ます。(20分~25分)

【使用商品】えーだし

【料理方法】煮る

【ジャンル】副菜

【主材料】肉類, 野菜

【イベント】

【季  節】冬

作り方

  1. 鶏もも肉、大根、人参は一口大に切ります。
  2. 1の鶏もも肉に片栗粉をまぶしておきます。
  3. フライパンにサラダ油をひき、2を焼きます。
  4. 3に1の大根、人参を入れて軽く炒め、分量のえ~だしと水を入れ、箸がすーっと通るまで煮ます。(20分~25分)

【使用商品】えーだし

【料理方法】煮る

【ジャンル】副菜

【主材料】肉類, 野菜

【イベント】

【季  節】冬

一言コメント

大根を使った簡単煮物レシピをご紹介♩

 

冬になると、煮物などのあったかいレシピが恋しくなりますよね。体が冷えると免疫力も自ずと低下してしまうこともあり、冬は風邪を引きやすい季節になります。

 

そんな時は、芯からあたたまる煮物レシピで寒い冬を乗り切りましょう!!

 

 

煮物といえば、大根をイメージしたりしませんか?

今回ご紹介するレシピは、そんな煮物の定番の大根を使った簡単レシピです。また、今回のレシピでは、あんかけを使った煮物レシピなので、より温まります♩

 

手順も簡単なので、忙しいお母さんにもおすすめです。煮物はあまりお子様には人気のないレシピになりがちですが、鶏肉も一緒に使ったレシピなので、小さなお子様がいらっしゃる家庭にもおすすめです。

 

ぜひお試しくださいませ♩

 

大根は保存するときのポイントをご紹介

 

大根は鍋や煮物料理に頻繁に使用しますが、サイズが大きい食材のため一度に使い切るのが難しい食材です。

そんな大根は、保存しながら使い切るということが必須になります。保存中に誤った保存の仕方をしてしまうと、鮮度の低下が早まったり、おいしさが著しく低下してしまいます。

 

大根を保存する際には、正しい保存で鮮度の低下を穏やかにしましょう。

 

大根は、カットされた状態で売られていることもありますが、1本で購入することもあります。残ってしまって困るという時は、1本まるまるを購入した時が多いと思います。

 

そのため、今回は特に1本買いをした際におすすめの大根の保存方法をご紹介いたします。

 

 

大根は部位によって味も栄養も異なることに注目

 

大根は部位によって、味も食感も違います。この特徴を活かしながら料理を作るのがおいしい料理を作ることがポイントです。そのため、まず大根を1本買いした際には、部位別に切り分けておきます。これにより保存もしやすくなりますので、おすすめです。

 

また、大根は葉や茎がついているとしなびやすいので、買ってすぐに葉や茎の部分は切り分けておきます。大根の身は根元部分、中間部分、先端部の3つに切り分けます。3等分した大根は、それぞれキッチンペーパーでみます。ポリ袋に入れて口をしばるか、ジッパー式保存袋に入れ、密封して保管します。キッチンペーパーが湿ってきたら取り替えます。

 

大きな食材はどうしても痛んでしまって、無駄になってしまったといことがあります。

 

忙しい人も、ちょっと保存方法を見直すことで、丸ごと大根もおいしく使い切ることができるようになります。