トキワのキッチン

タラのべんりで酢トマトソース

材料(2人分)

・真鱈  2切れ (160g) ・カットトマト缶 1/2缶(200g)

・にんにく 2g ・オリーブオイル 小さじ4

・片栗粉 大さじ1 ・塩 少々

・酒 小さじ4 ・べんりで酢 大さじ1

・ブロッコリー 4片 20g

作り方

【下準備】

・にんにくはみじん切りにしておく。※芽は除く。

・タラは両面に塩を少々かけ、水分をふき取り、焼く前に片栗粉をつける。余分な片栗粉ははたいて落としておく。

・付けあわせのブロッコリーは塩ゆでしておく。

【作り方】

  1. フライパンに小さじ2のオリーブオイルをいれ、片栗粉をはたいたタラを、表面を下にして中火で焼き目をつけます。
  2. 1に焼き目がついたら裏返し、酒をいれ、ふたをして蒸し焼きにします。
  3. 2のタラに火が通ったら、フライパンからいったん取り出します。そのフライパンに小さじ2のオリーブオイルを入れ、みじん切りにしたにんにくをいれ軽く炒めます。トマト缶をいれ中火で10分、焦げないように混ぜながら煮ます。
  4. 3にべんりで酢を入れ、なじませたら火から下ろします。
  5. お皿に焼き目を上にして2のタラをのせ4をかけ、付け合せのブロッコリーを添えます。

【使用商品】べんりで酢

【料理方法】まぜる

【ジャンル】主菜

【主材料】魚介類

【イベント】

【季  節】通期

一言コメント

「タラ」を使った簡単レシピをご紹介

 

魚料理は焼き魚や煮魚といったようにさまざまな楽しみ方ができる食材ですが、調理方法を少し変えることで、洋風に雰囲気を変えて楽しむことができる万能な食材です。

 

今回はスーパーにも多く並び人気も高い「タラ」のレシピです。今回は「べんりで酢」で作るトマトソースをかけて洋風アレンジしています。

 

トマトソース自体も「べんりで酢」をベースに作ることができるので、忙しいお母さんにもおすすめの一品です。

 

トマトソースというと以外と味の調整が難しく何を加えたらいいかと頭を悩ませることがありますが、「べんりで酢」なら簡単においしいトマトソースを作ることができます。

 

 

おいしいトマトソースは缶詰タイプがおすすめ

 

今回ご紹介するレシピで作るトマトソースには、トマト缶を使用しています。

実は、トマト缶に含まれる栄養素とトマトそのものを比べた際には、缶詰の方が栄養素を多く含みます。

 

同じトマトソースを作るならば、栄養が取れる方を優先したいですよね。

 

それに、トマトそのままからトマトソースを作ろうとした場合は、皮の処理など意外と多くの手間がかかってしまいます。

 

手間の時間と栄養面を考慮するとやはりトマトソースを作る際には、缶詰タイプから作るのがおすすめです。

 

※トマトソースを作る際は、飛びはねに注意してください。

 

 

トマトに含まれるリコピンは加熱で吸収アップ

 

トマトは健康食材と言われ注目されています。

トマトに含まれる栄養素のうち特に注目されているのがリコピンです。これは抗酸化作用を持っており、体の酸化するのを抑制する働きを持ちます。

 

そのため、生活習慣病の予防などにも効果を発揮すると言われています。そんな優秀な栄養は少しでも多く取りたいものですね。

 

では、どのようにすると効率よくリコピンをとることができるのでしょう?

 

リコピンは、脂溶性の栄養素です。そのため油に溶けやすい性質があります。

 

そのためリコピンは、油を使った調理で吸収が高まります。

また、リコピンは熱に強いため炒めたり煮込んだりしても成分が減少する心配もありません。

 

そのため、今回ご紹介したようにトマトソースにしたり、シチューのベースなどとして調理することで、効率よくリコピンをとることができます。

 

栄養価の高いトマト缶詰と吸収率を高める調理方の1つであるトマトソースで健やかな毎日にお役立てくださいませ。