このエントリーをはてなブックマークに追加

トキワのキッチン トキワのキッチン Recipe

さわらの南蛮漬け

さわらの南蛮漬け

材料(2人分)

・さわら・・・2切れ(200g)
・塩・コショウ・・・各少々
・小麦粉・・・少々
・玉ねぎ・・・1/2個(100g)
・べんりで酢・・・1/2カップ
・揚げ油・・・適量

作り方

1 .さわらは食べやすい大きさに切り、塩・コショウして小麦粉をまぶします。
2 .玉ねぎは薄切りにします。
3 .揚げ油を180度程度に熱して①をカラッと揚げ、煮沸消毒した保存器に②、べんりで酢とともに漬け込みます。

【使用商品】べんりで酢

【料理方法】漬ける

【ジャンル】主菜

【主材料】魚介類

【イベント】

【季  節】春

作り方

1 .さわらは食べやすい大きさに切り、塩・コショウして小麦粉をまぶします。
2 .玉ねぎは薄切りにします。
3 .揚げ油を180度程度に熱して①をカラッと揚げ、煮沸消毒した保存器に②、べんりで酢とともに漬け込みます。

【使用商品】べんりで酢

【料理方法】漬ける

【ジャンル】主菜

【主材料】魚介類

【イベント】

【季  節】春

一言コメント

さわらを使った簡単南蛮漬けレシピをご紹介♪ 

 

南蛮漬けは手軽に作れる上に、ボリューミーなおかずなので人気の高いレシピです。今回ご紹介させていただく南蛮漬けレシピはとっても簡単に作れるレシピ内容となっていますので、忙しいお母さんにもおすすめです。

そして、今回の南蛮漬けはさわらを使ったレシピとなっています。

 

さわらの南蛮漬けは、家族みんなでおいしく食べられます!

さわらは、漢字で「鰆」と書くように、春を告げる魚として知られています。旬を迎えたさわらは旨味がましているので、おすすめです。

 

 

さわらの南蛮漬けレシピのおすすめポイント

 

さわらの身は、くせが少なく淡泊な味わいなので、良質のたんぱく質や鉄分を多く含み栄養価も高く、さまざまな調理法で家庭の食卓に登場する万能な魚です。

 

また、南蛮漬けは、野菜もたっぷりとれ、野菜や魚の苦手なお子さまにもとってもおすすめです。

その日に食べてももちろんおいしいですが、翌日にいただくとしっかりと味がなじんで、さらに旨味が増します。

 

南蛮漬けはサッパリと食べられるので、食欲がないときにもおすすめです。さわらが旬をむかえる春先から夏場にかけての時期にはぜひお試しくださいませ。

 

南蛮漬けレシピを1つ覚えておくことで、様々な食材を使って応用レシピの作成が可能です。定番の魚のほか、肉や豆腐など、いろいろな食材が使えるのもポイントです。オリジナルレシピで南蛮漬けレシピをお楽しみくださいませ♪

 

 

南蛮漬けはどうして”南蛮”漬けになったの?

 

南蛮漬けは、とても有名なレシピなので知らない方はいないくらいのレシピです。

 

みなさんの中で、「南蛮」という名前に疑問を抱いた方もいらっしゃるのではないでしょうか。今回は、「南蛮漬け」の名前の由来について少しご紹介させていただきたいと思います。

 

南蛮漬けは、なぜこのような名前になったのかと言うと、海外発の香草・香辛料を使った料理であることが関係しています。南蛮漬けが日本にやってきたのは江戸時代といわれており、その時代は香草や香辛料が盛んに日本に入ってきていました。

 

そして、そのころ外国からやってきていた商人のことを、「南蛮」と呼んでいました。その南蛮諸国からやってきた香草や香辛料を使って作られたのが、「南蛮漬け」というわけです。こような背景があって「南蛮漬け」という名前になったそうです。