このエントリーをはてなブックマークに追加

トキワのキッチン トキワのキッチン Recipe

きゅうりと春雨の酢の物

材料(二人分)

きゅうり・・・1本(100g)

塩・・・少々

春雨(乾)・・・10g

ちくわ・・・小1本(30g)

べんりで酢・・・50ml

炒りごま(白)・・・適量

作り方

1.春雨は熱湯で戻して食べやすい長さに切り、きゅうりは小口切りにして塩をし、しんなりしたら水けを絞り、ちくわは小口切りにします。

2.ボウルに①、べんりで酢を和えて器に盛り、炒りごまをふります。

【使用商品】べんりで酢

【料理方法】和える

【ジャンル】副菜

【主材料】野菜

【イベント】

【季  節】夏

作り方

1.春雨は熱湯で戻して食べやすい長さに切り、きゅうりは小口切りにして塩をし、しんなりしたら水けを絞り、ちくわは小口切りにします。

2.ボウルに①、べんりで酢を和えて器に盛り、炒りごまをふります。

【使用商品】べんりで酢

【料理方法】和える

【ジャンル】副菜

【主材料】野菜

【イベント】

【季  節】夏

一言コメント

きゅうりの酢の物レシピをご紹介

 

お弁当のおかずにもおすすめな、きゅうりと春雨の酢の物。

和食の献立にはもちろん、 こってり系の揚げ物・炒め物のメインディッシュに合わせるさっぱりとした副菜としても活躍します。

 

定番の乾物「春雨」を活用して手軽につくれる一品です。

作り方のポイントは戻した春雨の水けをしっかりきることで、水っぽくなりにくく、味付けもしみ込みやすくなります。

きゅうりなどの野菜を加えて野菜不足も補える副菜に。

 

鮮やかな緑で料理彩るきゅうりの成分の約95%は水分で、ビタミンCやカリウムが含まれています。

カリウムには利尿作用があり、むくみやだるさの解消に効果があります。合わせる野菜やプラスする調味料でレパートリーが増える酢の物です。

 

 

おいしいきゅうりを食べたい!!

きゅうりは年中スーパーに陳列される食材の1つです。

もちろん旬の時期がありますのでその時期が最もおいしい季節になります。使う機会の多いあるきゅうりについては旬でない時期に食べることもありますよね。そんな時には、おいしいきゅうりの見分け方を活用しておいしいきゅうりをいただきましょう!

 

今回は、おいしいきゅうりの見分け方についてご紹介させていいただきます。

 

目利きのポイントはイボ

 

スーパーできゅうりを選ぶ場合、表面のイボに注目してみてください。

イボの先に白い棘がついていて、触れるとチクチクと痛いくらいのものが新鮮の証になります。

 

また皮はハリのあるものがいいもの。どうしてもまっすぐしたものがいい!と思いがちですが、多少曲がっていても栄養価や味はほとんど変わりませんので、徳用品などで通常より安く売られているなかにも新鮮なものはまぎれていますので、チェックしてみてください。

 

 

箱入りか袋入りか

スーパーによっては、箱入りできゅうりが販売されていることもありますよね。

この場合は、イボやトゲがついているか判断しやすいのですが、袋入りの場合は直接触ることができなません。

触ってイボの感触を確かめたところですが、目で見て判断しなければなりません。袋入りの場合は、隠れている部分までしっかりみて選びましょう。

 

 

上手な保存方法

 

きゅうりは先述したとおり水分が多い食材です。そのため乾燥に弱い食材でもあります。

 

また低温にも弱い特徴があるので、購入後保存する場合は新聞紙などにくるみ、ポリ袋や野菜専用袋に入れて保存しましょう。さらにヘタを上に向けて、立てて保存するとより長持ちします。