このエントリーをはてなブックマークに追加

トキワのキッチン トキワのキッチン Recipe

まるごとトマトのべんりで酢漬け

材料(2人分)

トマト・・・小4個(480g)
べんりで酢・・・400ml
ゼラチン(粉)・・・5g
水・・・大さじ2

作り方

1 .トマトは湯むきしてヘタを取り、べんりで酢は鍋で70℃程度に温めて火を止めておきます。

2.ゼラチンは水にふり入れて混ぜてふやかし、①の鍋に加えて溶かして少し冷まします。

3. ①のトマトと②をジッパー付きの袋に入れて、冷蔵庫で2~3時間漬け込みます。

【使用商品】べんりで酢

【料理方法】漬ける

【ジャンル】副菜

【主材料】野菜

【イベント】

【季  節】夏

作り方

1 .トマトは湯むきしてヘタを取り、べんりで酢は鍋で70℃程度に温めて火を止めておきます。

2.ゼラチンは水にふり入れて混ぜてふやかし、①の鍋に加えて溶かして少し冷まします。

3. ①のトマトと②をジッパー付きの袋に入れて、冷蔵庫で2~3時間漬け込みます。

【使用商品】べんりで酢

【料理方法】漬ける

【ジャンル】副菜

【主材料】野菜

【イベント】

【季  節】夏

一言コメント

トマトは夏にこそ食べたい食べ物

トマトはビタミンやミネラルが豊富で、体内の余計な水分を排出してくれるカリウムが含まれているそうです。中国に古くから伝わる医学の視点から見ても、トマトには「清熱解毒」といって、余分な熱を冷まし、有害物を解毒して血液を浄化する作用があるとされているのだといいます。

 

ただし重要なのは、トマトは夏野菜だということ。

気温が上がってからだが熱くなる季節だからこそ、トマトの「清熱」作用が有効に働くわけです。つまりハウス栽培のおかげで一年中食べられるようになったとはいえ、からだが冷える季節にトマトを食べると、ますます冷えがひどくなってしまうことに。

冷え性に悩まされている人は、トマトの食べる時期は特に気をつけたいところですね。

 

 

「酢漬け」関連レシピ:【小かぶのべんりで酢漬け】の作り方はこちら